“オバ記者” に関する記事/4ページ

体当たり取材が人気のアラ還ライター・野原広子の記事を紹介しています。自らの介護体験を綴った「介護のリアル」が人気。これまで挑戦してきたさまざまなダイエットについてのコラムも掲載しています。

66歳オバ記者、「ひとり暮らしを死ぬまで楽しむ」生涯現役がモットーも大病経て「健康であってこ…
66歳オバ記者、「ひとり暮らしを死ぬまで楽しむ」生涯現役がモットーも大病経て「健康であってこ…
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)。自宅介護の末、母親を看取ったのは一昨年春のこと。その母親の妹(叔母)が認知症を患い、先日、特別養護老人ホームに入所した。「…
2023.07.29 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者、母親や弟を亡くし、叔母は認知症で特養へ「昔話をして顔をしかめる身内がひとりも…
66歳オバ記者、母親や弟を亡くし、叔母は認知症で特養へ「昔話をして顔をしかめる身内がひとりも…
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)。自宅介護の末、母親を看取ったのは一昨年春のこと。その母親の妹(叔母)が認知症を患い、先日、特別養護老人ホームに入所した。「…
2023.07.22 11:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者、特養に入った認知症の叔母から「黒い電車に乗って旅行にきた」と電話 「長年関わ…
66歳オバ記者、特養に入った認知症の叔母から「黒い電車に乗って旅行にきた」と電話 「長年関わ…
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)。自宅介護の末、母親を看取ったのは一昨年春のこと。その母親の妹(叔母)が先日、特別養護老人ホームに入居した。認知症を患い、す…
2023.07.15 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者、特養入居が決まった叔母の元へ 会うなり「しばらく来ないで」と言った彼女がとっ…
66歳オバ記者、特養入居が決まった叔母の元へ 会うなり「しばらく来ないで」と言った彼女がとっ…
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)。自宅介護の末、母親を看取ったのは一昨年春のこと。その母親の妹(叔母)が特別養護老人ホームに入居することが決まった。入居前に…
2023.07.08 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者、「元気以上の財産はない」と実感した“乗り鉄”旅 「湧き水のある遠野の神社」から…
66歳オバ記者、「元気以上の財産はない」と実感した“乗り鉄”旅 「湧き水のある遠野の神社」から…
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)。昨年10月、「卵巣がんの疑い」で手術を経験。その後、境界悪性腫瘍と診断された。体力の衰えを実感する日々だが、最近「元気以上の…
2023.07.01 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者、大学病院での検査で思い出した「卵巣がん疑い」で検査の日々だった8か月前のこと
66歳オバ記者、大学病院での検査で思い出した「卵巣がん疑い」で検査の日々だった8か月前のこと
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)。昨年10月、「卵巣がんの疑い」で手術を経験。その後、境界悪性腫瘍と診断された。それから8か月、再び検査を受けるために大学病院へ…
2023.06.24 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者、階段で感じた衰え「体が動かない」 専門家に聞いた“上るコツ”とは?
66歳オバ記者、階段で感じた衰え「体が動かない」 専門家に聞いた“上るコツ”とは?
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)。昨年10月、「卵巣がんの疑い」で手術を経験。その後、境界悪性腫瘍と診断された。そんなオバ記者は最近、体力の低下を感じる場面が…
2023.06.17 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者、「境界悪性腫瘍」の診断から8か月 “お腹のふくらみが気になる”現在の体調は?
66歳オバ記者、「境界悪性腫瘍」の診断から8か月 “お腹のふくらみが気になる”現在の体調は?
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)。昨年10月、「卵巣がんの疑い」で手術を経験。その後、境界悪性腫瘍と診断された。そんなオバ記者が最近、「お腹のふくらみ」が気に…
2023.06.10 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者が振り返る“私の失われた20年”、「健康と時間」以外で失った大きなもの
66歳オバ記者が振り返る“私の失われた20年”、「健康と時間」以外で失った大きなもの
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)。昨年、介護をしていた母の死、自身の大病などを経験。そして最近は心臓にも不安を抱えるようになった。そんなオバ記者が、今の体調…
2023.06.03 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者、「ムリ」と避けていた婦人科での診察で「羞恥心」がなくなるまで
66歳オバ記者、「ムリ」と避けていた婦人科での診察で「羞恥心」がなくなるまで
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)。昨年、「卵巣がんの疑い」で手術を経験。その後、境界悪性腫瘍と診断された。かつては抵抗感があったという婦人科での診察に、どの…
2023.05.27 07:00
スマートな暮らし

いま気になる!

カテゴリー一覧